最新の妊活

ビル

お金をできるだけかけないで妊活を

子供が欲しいのになかなかできないというとき、頭に浮かぶのは不妊治療ではないでしょうか。
けれど、不妊治療は保険診療外なので、治療にかかる経済的負担は重くなります。
そのため、不妊治療に取り掛かる前に、まずは自分で可能な限り取り組める妊活を試してみてからでもいいと思われます。
まずは、体について知ることが基本です。
基礎体温計を用いて、排卵期がいつかを知ることから始める方法です。
特に婦人科系の病気を患っているというのでもない限り、基礎体温を測って記録している女性というのはそう多くはないでしょう。
けれど、基礎体温を測ることにより、排卵が正常に行われているかどうかがわかります。
排卵期には、基礎体温はもっとも低くなるからです。
この月のうちの上がったり下がったりを継続的に繰り返していれば、卵巣は正常に機能していることになります。
さらに、排卵の日がわかれば、当日と翌日はひと月のうちで妊娠する可能性がもっとも高くなります。
このタイミングを知って妊活をすると、妊娠の確率が高まるでしょう。

当社のサービス一覧

妊活を成功させるには体質改善が大切

2年間かけての妊活で、長男を無事に出産しました。

進む晩婚化と妊活の難しさに関して

お金をできるだけかけないで妊活を